wan chronicle

老犬との暮らし

防災訓練に行きました

すっかり冬の気候になりました。

朝起きるときの暖房準備は万端です。

冬はエアコンを使用しないため、

電気ヒーターと灯油ストーブを起きる一時間前には点けてスタンバイ。

 

若いころから体が硬かったのですが、

最近はベッドから急に起き上がると足首が固まって歩きづらいです。

どれだけ固まっているんだ、って話です。

 

なのでベッドの上でウォーミングアップ体操をして

身体を柔らかくして起き上がります。

古いものほどメンテが必要。

人間もですね。

 

古くなった人間にとってはなんだか盛り上がらないクリスマス。

クリスマス飾りも今年はすごく地味

 

f:id:monachabimama:20191207141052j:plain

これだけ

去年はもう少し張り切っていましたが…(;'∀')

 

 

嫌でしたがしぶしぶ(おい)昨日は淀屋橋

職場の研修を受けに行きました。

御堂筋のイルミネーションきれいだった( ^ω^)・・・

 

その後忘年会でしたが、

知り合いもいないし、

お酒も飲まないし、不参加。

 

と思っていましたら、

話し相手はすぐにできたので、参加したら楽しいかも。

でも老犬が心配なので、やっぱり帰りました。

 

 

そして今朝は自治会の防災訓練の日。

朝起きたら腰も痛かったので

「休みたい。体調を考えたら休む方が良いはず。」

 

性格的には「参加する」と言っておきながら

不参加にしたら後で自責の念に駆られる。

 

そこで、祈る。

 

 

祈りの答えが「行きなさい。」だったら行こう!(ほんとは休みたい)

 

そして祈って感じたことが

 

「行きなさい。」

 

でした。

 

トホホと思いつつも、集合場所の公園に行きました。

そこで今年の役員の人と話していた時に、

自治会を脱会したい人がいることを告げたら、

なんと今晩新役員を決めるくじ引きがあるというではありませんか。

(その人も対象者。)

今日参加して良かった~~~!と思いました。

私は隣保長なので、くじ引きの前に役員に報告しておかないと、

もしその人がくじに当たったら

(欠席者は代理がくじを引くことになっています。)

くじのやり直しで迷惑かかったろうと思います。

 

防災訓練の内容も充実していて、

 

簡易トイレの組み立て、

 

f:id:monachabimama:20191207141214j:plain

こんなの

消火器の使い方、

けが人の運び方(ストレッチャーある&なしの場合)、

心臓マッサージ及びAEDの使い方、

と4つに分けてありました。

 

そして帰りに保存食品のお土産つきでした。

最後は腰が痛くなりましたが、行ってよかったです。

 

あの時祈ってなければ、祈りの答えに従う信仰がなかったら

この充実感はなかったと思います。

 

神様って本当に面倒見が良いんだな。

私も神様のように、小さな困りごとにも相談に乗るような、

そんな人になれたら・・・と思います。

 

もなかは甘えん坊ぶりが増しました。

おばあちゃんになっても可愛い。

f:id:monachabimama:20191207141334p:plain

目薬=おやつがもらえるので嬉しい。

f:id:monachabimama:20191207141632p:plain

呼んでから目薬を準備したので時間がかかりました。

f:id:monachabimama:20191207141008p:plain

しばらく待たせたら、むん!な顔に^^

こう見ると毛が伸びてきていますね。

薄毛になってる部分も元に戻ると良いですが。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

寒さとボケと読書と

12月、なんだかあわただしくなる季節ですね。

私は毎年12月は鬱っぽくなるのでおとなしくしています。

 

鬱なのか、疲れているのか、

昨日は生まれて初めて電車を乗り過ごす失態を犯してしまい、

ああ時間のロス。

 

夕方行ったスーパーでは

エレベーターに乗ったはいいけどボタンを押さずにいたため

3階に行くはずが1階に行ってしまいました。

 

その後に予定していたスカイプセッションもすっかり頭から抜けていて、

すっぽかしてしまいました。

どうやら相手も忘れていたようなので、それは良かったです(^^)v

 

 

昔から疲れるとわけわからない行動をとる私。

こんな小さなことですんでいるので良かったです。

 

犬のお散歩は毎日行っていますよ。

チャビのためにも。

 

f:id:monachabimama:20191203174811j:plain

明け行く東の空

もなかのお気に入りのコンビニコースへお散歩します。

 

f:id:monachabimama:20191203174714j:plain

もなかの右前足と外股の後ろ足に笑えます。

f:id:monachabimama:20191203174743j:plain

近づいてもやっぱり同じ足


今聖書はイザヤ書を読んでいます。

イザヤ書は難解な書物で、その難解さゆえに

書き換えられたところが少ない貴重なものです。

 

聖書のわかりやすいものは

人の手で書き換えられたところが多いと言われています。

預言者の書いたものを学者や、

王や何かの圧力がかかった人たちが訳しても正確には訳せないのです。

預言者とは持っているスピリットが違います。

とはいえ、聖書は様々な迫害に耐えて

2千年も生き残ってきた尊い書物であることに違いはありません。

 

不思議なことにスマホを手に取ったとたん、

どこも触れていないのにいきなり聖書が開くのです。

(聖典をインストールしています。)

読みなさい、とのメッセージですね。

 

冬の夜の読書ってなんだか素敵です。

温かくして今日も読むこととします。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 


 

 

小さなモヤモヤとでっかいお父さん


特にブログに書くネタもない、と思いながら過ごしている毎日です。

が、本を読む時間がないのでほしい!と思っていると、

なんと今週の提出物は全て済ませてしまい、

今晩、明日とまるまる空いて読書の時間が取れます。

 

オスカーワイルドの本をアマゾンでポチッとしたのは良いけれど、

ボキャブラリーの貧困さに辞書がなければほとんど意味が取れず、

まとまった時間が欲しいのです。

日本語ならソファの上でもベッドの上でも

気軽に読むことができるのですが・・・。

 

まとまった時間が取れたのも、もちろん私の努力もあるけれども、

後押ししてくれた神様のおかげです。

 

そして、私が勉強しているpathway connectには

週に2回、ネイティブとディスカッション、

自分のクラスの日本人と(英語で)ディスカッションの課題があるのです。

 

アメリカ人がおおらかでとても忘れっぽく、

きちきちしていないのは承知していますが、

スカイプセッションの時間になっても

わたしのパートナーはcallに出ない(これで何度目?)

ガックリ_| ̄|○

 

 

日本人のパートナーは、せっかちな私と違い、

とてもおっとりした善良な人ですが、

おっとりしているゆえ課題が遅れ気味で、

いつも私は教える側になっています。

 

わたしはパートナーとは対等でありたい、と思っているので、

私教える人、彼女教わる人、

と言う形が成り立っていることに納得がいきません。

 

 

このもやもやは解決せねば!と思った私は祈りました。

 

すると私が心に感じた答えは、

これからも私が教わる側にはまわらない、と言うこと。

そしてできないときはできない、と意思表示すること。

アメリカ人のパートナーには

リマインダーとしてセッションの前に連絡を入れることを続ける、でした。

これまでも入れたことはあったのですが、

しつこいかな?と遠慮していたのです。

 

1時間前に「今日はスカイプセッションできますか?」とメールを送りました。

彼女は

yes, this time I will remember better.

と返事をくれ、

セッション中に「リマインダーをしてくれてありがとう」と言ってました。

 

彼女はボランティアで

pathway connectの受講生に英語を教えてくれているのですが、

さすがネイティブスピーカーで、

聞きなれたアメリカンアクセントで教えてくれました。

 

今学期は数学なので、

4(m²+5⁴)-5×2=10m+6×3

(算数レベルですね(;^ω^)

などの式の読み方をネイティブから教わりたかったのです。

 

小さなリマインダー一つのことで

私は教わることができ、

彼女も約束を守ることで心の満足を得ていると思います。

 

日本人のパートナーには週末にディスカッションすることを提案しました。

週末にしたことで、私は十分準備する時間が取れます。

教える側に回ることはもう納得済みです。

 

私の悩みなんてほんの小さなことですが、

その悩みに付き合ってくれる大きな神様に本当に感謝です。

 

キリスト教徒が神様を天の父と呼ぶように

私たちの肉体は両親からいただいたものですが、

霊は神様の子供として生まれてきたと信じています。

宇宙を創造され全知全能であられる神様が自分の父親って途方もないですね。

そして神は父親として私たちを愛し、教え、助けてくれます。

(鍛えもしますが・・・)

 

私たちが心の中に持っている善を愛する心は

神様の遺伝子から来ている、と思います。

人の善意に触れること、自分の善意を尽くすことは

最近の私の心の楽しみの一つになっています。

 

f:id:monachabimama:20191128175947p:plain

ほんと、ごめんね~

今朝の散歩は私が寝坊したので、もなかの行きたいコースではなく

しょんぼり歩いていたそうです。(後ろから見ていた夫が言ってました)

明日は早起きするね~('◇')ゞ

ベストの自分に

 

閃輝暗点って聞いたことありますか?って唐突ですけど。

 

先日PCで文字を読んでいたら目の中にギザギザの何かが見える。

そして視界がほんの一部だけ欠損して、見えていない部分がある。

 

しばらくしたら治まりましたが、たいしたことないという説と

病院に行った方が良いという説があり、

もう少し深刻になったら病院に行ってみようかと思っています←呑気

 

それから次の日かそのまた次の日だったか、

また視界の一部がおかしくなり、

スマホでTVを見ていたのですが俳優さんの顔半分が崩れて見える・・・

 

こ、こわっ

 

小さいものを見るときだけおかしく見えるので

大きなものを見ているときは何も気が付きません。

年を取るといろいろありますね。疲れすぎないようにしなくては。

 

 

オンラインのアメリカの大学の準備コースももう半分過ぎて、

もともと世界のいろいろな人に教育の機会を、

そしてより良い賃金を得られるようにとの目的で作られたコースですので、

大学に進むことを勧められます。

かなり安い授業料で。

 

学校なんて30年以上前に卒業したし

今更bachelor's degree(4大卒の資格)なんて・・・

と思っていましたが、

学ぶのが思った以上に楽しく、さらに学ぶ必要性も感じるので、

大学に進もうかと考えています。

何事も悔いは残したくないですしね。

 

とりあえず3学期はwritingなので、

本を読んで準備しておかないとまずいんじゃないの?

興味を持って読める本ないかな~、と思っていたら

オンライン英会話の先生からオスカーワイルドの本を勧められました。

 

彼(オスカーさん)は同性愛に走って、昔のことですからそのために投獄されて

牢屋の中で悔い改めたそうです。

自分のために妻や子をどんなに傷つけたか気が付いたのだと。

同性愛についてはセンシティブな話題なので、今は触れませんが、

人は誰でも間違いに気が付いてそこからやり直す権利を持っています。

間違ってもそれを認めて新たな自分へと再生するために

一生と言う時間が与えられています。

 

ひどい間違いを犯した人ほど悔い改めたなら

立派な人になる可能性を秘めているとも思います。

自殺や他殺でその機会を自分や人から奪ってはならないと思います。

 

 

その先生の笑顔が本当に暖かく、透明感があって、

彼女と話しているとベストの自分になりたい、

と思わせる人です。

 

自分の弱さを見せられる友人も素晴らしいですが、

自分のなりうる最高の自分になりたいと思わせる人はそう多くはなく(私にとって)、

彼女の薦める本を呼んで(もちろん原文で)話のネタを準備しておこうと思います。

 

f:id:monachabimama:20191122201710j:plain

ある日の犬たち

チャビもなは元気にしています。

走っているように見えますが早歩きですww

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

まず自分の器を

 

私は基本一人が好き。そして動物が好き。

 

言葉を話さない彼らは本音で生きている。

嘘も言い訳もなく、ただ心の赴くまま。

 

そしてその心と言うのは、犬で言えば、だれに教えられたわけでもないのに、

ひたすら飼い主を愛し、思っている。

 

チャビはわがままなど一言も言わず、いつも飼い主に合わせ、

機会があれば役に立とうとしてくれる。

 

もなかは自己主張の強い西洋の犬ですが、

飼い主を思っているのは同じです。

 

ああ素晴らしきかな、犬と言う生き物。

(猫も素晴らしいですが、今は犬を飼っているので犬の方がよくわかるのです。)

 

 

そして、一人が好きと言っても

人との関りの中で見出すものは大きいです。ちょっとした事の中にも。

 

先日オンライン英会話で20代半ばのガーナ出身の先生と話しました。

 

彼女と、自分の出世を優先するか、他人に譲ってあげるか、と言う話になり、

 

「私なら会社が自分を選んでくれたなら同僚に遠慮する必要はないと思う、

同僚はもう一度チャレンジするチャンスを得たに過ぎない。

自分が無理に譲る必要などない。

昔は違った考えを持っていたが、年を取って今はそう思う。」

 

と返すと、彼女が、

(名前は忘れたけど)アメリカで成功したビリオネアの

アフリカ系アメリカ人の話をしてくれました。

 

その人は

「まず自分の器をいっぱいにしなさい。

そして自分の器がいっぱいになり、あふれ出したときに

そのあふれ出たものは他の人のものになる。

そのようにして人を助けることができる。」

と話してくれました。

そして誰かが何かをチャレンジしようとするときには、

 

Go for it!YOLO!

 

と言えるよ、とも。

YOLOとはYou Only Live Onceということだそう。

 

ああ、そうね。一度きりの人生、つまらないことで頭をいっぱいにしたくない

(いやむしろつまらないことしか考えていませんが・・・)

今日と言う日を良いもので一杯にしたい、

明日を希望で満たしたい、

と自分の人生、自分だけができることですね。

そして成功する目的が

「自分からあふれ出したもので人を幸せにする」、

だったら素敵ですね。

 

私の半分も生きていない遠いアフリカにすむ若いお母さんから、

素敵な教えを学ぶことができ、感動モノでした。

 

f:id:monachabimama:20191115142829j:plain

今朝の散歩で見た月

6時過ぎでもまだこんなに暗い。

老犬には服を着せて散歩です。

 

f:id:monachabimama:20191115142853j:plain

いつものコンビニで

久しぶりのコンビニです。

この後おやつがもらえるのでもなかはワクワクしています^^

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
 

 

もうすぐ一年

ブログの上に広告が久しぶりに掲載されていますね。

アドセンスがなにか修正してください、

と言ってきていますが、なんのこっちゃよくわからん、

と言うことでそのまま放置しています。

 

あとひと月でブログを始めて一年。

とりあえず一年続けてみよー!と書いてきました。

 

書きたいことを書いてきたようなそうでもなかったような・・・

 

良かったことはうちのワンズの記録が残せたこと。

 

来年はもう一人と2匹で散歩していないかもしれないし、

元気だったころの様子を残せて

私にとってはとっても価値のあることでした。

 

スピリチュアルな内容も時々あるので、

嫌う人には嫌われると思うし、

けれども、後々後悔を残さず自分が楽しむためには

もっと好きなことを書いていこうと思います。

 

最近私の頭の中でリフレインしている言葉があります。

 

それは「宦官」(かんがん)。

 

中国で、昔去勢されて宮廷で使えている男性がいることは知っていたのですが、

聖書の世界でそのような人がいるとは知らなかった。

 

奴隷として子供の時に生殖器を切り取られ、

結婚はできず、家族は持てない。

 

一生宮廷で働き、唯一の望みは宮廷内での地位が上がること。

 

そんな人はほんの一握りで多くはきつい仕事を一生やらされ、

宮廷の外に出れば、

男性ホルモンが出ないので体つきが男らしくなく、

宮廷の服を着ていれば一目で宦官とわかり

都の人からはばかにされる。

 

年老いて働けなくなれば、宮廷を追い出され、

家族もいないので、乞食になり飢えて死ぬのみ。

今も、将来も、望みのない一生を生きる。それが宦官。

 

 

 

 

今週月曜の朝、仕事に行くとき少し気分が落ちていて、

それでも信号待ちの時に見上げた青い空に気分が上げられて、

こうやって仕事に行けることが幸せなのだと思い起こしました。

 

全て自分で選択し、だれから望みを絶たれることもない。

過去のつらい人生を生きた人たちと比べて

なんて自分は甘く、ぜいたくなのだろうと

感じた朝でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

日曜はゆっくりと

 

日曜にブログを書こうと思っていたらもう火曜。

光陰矢の如し。

 

そして犬飼いに日曜はありません。

強いて言えば朝の散歩の後まったりできるという・・・( ノД`)シクシク…

 

朝の散歩で近所の公園に行きましたが、

普段は私が休みでなければ時間を気にせず

公園でゆっくり散策もできないのです。

もっとまったり生きたいわ~~

 

14歳のおばあちゃん犬のチャビに

12歳のおばあちゃんもなかが子供のようにまとわりついています。

犬に年の概念はないでしょうね。

チャビはずっとお姉さん、もなかはずっと末っ子です。

 


日曜の朝ん歩

 

もなかの皮膚が今あれなんで、遠出は控えているのですが、

もっと景色の良い楽しいところにいつか2ワンと行けたらな・・・

人間のお婆さん(私)と犬のお婆さんたちが楽しめるところを

探しています。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


犬ランキング